忙しい人のための家事をラクにする収納 梶ヶ谷陽子 (著):スッキリきれいな家にするコツを学ぶ

最近は外構工事で肉体労働しつつ、そのほかの雑務や事務作業も重なっていて、なかなか思うようにいきません。竹内正浩です。

移動時間が意外に負担が重いんですよね。何もできませんから。

さて、最近こんな本を読みました。

「忙しい人のための家事をラクにする収納」 梶ヶ谷陽子 (著)

子育て、大変です。
家事、大変です。
お仕事、大変です。

そんななかでも、キレイな家でありたいとは思っているのですが、なかなか難しいですね。

それを解決するヒントが書いてありそうな一冊。

個人的に共感したのが「散らかっても3分で片づくリビング」というところ。

家族みんなが自主的に片づけてくれる、そして散らかっても、ちょっとの時間で元の状態に戻せるようにする簡単なルールがあるということです。

それが次の3つ。

ルール1:使用頻度の高いモノは出し入れしやすく

ルール2:家族みんなが使うモノは、ひと目でわかるように

中身がわかり、戻す位置がわかれば、家族が自分で出し入れしてくれます。

定位置というやつですね。定位置がないから、どこ行ったかわからない、紛失、置いたまま、散らかるというスパイラルです。

ルール3:リビングの近くにおもちゃ収納をつくる

子どもがリビングでよく遊ぶなら、箱1つでもいいのでリビング用におもちゃ収納をつくります。子どもの行動に合わせず、「おもちゃは子ども部屋に」と限定すると、しまいに行くのが面倒になり、出しっぱなしに。

子どもがいると、ついつい散らかります。おもちゃも増えますから、どんどんどんどん散らかった家になります。

その対処のひとつがリビング用におもちゃ収納一箱でしょう。

ただ、根本的におもちゃの量を見直すことも大事な気がします。

おもちゃの量は意識していないと、どんどん増えます。
子どもが捨てることはないと思いますから、親が意識して捨てないとどんどん増えます。

使うおもちゃ、使わないおもちゃ、色々ありますが、優先順位をつけて、量をコントロールしないと野放図に増えて、散らかった家になります。と考察しています。自戒の念も込めまして。

ルール4:どんなモノでも定位置を決める

ルール2とも近いです。
定位置。大事ですね。

定位置を決めて、家族で共有してないと散らかります。
モノも増えます。

なかなかスッキリきれいな家にするのは大変なので、色々と研究しまして、スッキリキレイな家のノウハウを身につけていきたいと思います。



2017年、あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
2017年がスタートです。

あっという間に時が過ぎていきます。

2016年は次女が生まれまして、
また、お客様に木の家をお引き渡しまして、
さらにでんホームとして
新しい常設モデルハウスを建築しました。

個人的なこと、会社のこと、
色々あるのですけれども、
2016年の年末にかけて、今後の展開として、
大変楽しみになる出会いや流れがございました。

これらの流れを受け継いで、
2017年に明らかなかたちで、
色々とプロジェクトを成功させて
いきたいと考えております。

でんホームは夫婦を中心として、
少数のスタッフと協力業者の方々で
構成されていますので、仕事量が多く、
いつもパンパンで、ご迷惑をおかけしております。

改善策は常に考えておりますが、
実際にはなかなか難しいですね。

徐々に仕組み化や外部委託、
スタッフ増員などで対処できればと
思いますが、安易な気持ちで人を増やすと
経営的に良くないので、迅速には動けません。

などなどと思うところは色々とございますけれども、
本質的に重要なことはきちんとして、
適正な価格で、高品質な仕事をして、
お客様にとっても、社会にとっても、
有益な存在になれるよう努力していきたいです。

2017年も色々とあるかと思います。

あっという間だと思いますが、
何卒よろしくお願い申し上げます。

竹内