「小さな会社の稼ぐ技術」栢野克己(著)を読んでの住宅建築業界への雑感

住宅建築とはまったく関係ないテーマなんですけれども、個人的に勉強になったので読書感想文書きます。

『小さな会社の稼ぐ技術』という本です。

実は著者が友人の栢野克己(かやのかつみ)さんで、Facebookで熱心に活動されていらっしゃいまして、なかなか読む時間がなかったのですが、ようやく読みまして感銘を受けました。

栢野さんは作家で講演家です。
今もこの新作をテーマに全国津々浦々、講演してまわってらっしゃいます。

基本的にはメイン読者層が中小零細事業者で、もちろん私どもも含まれますから、興味深いわけです。

栢野さんと出会ってから、もう10年くらいになりますでしょうか。
相変わらず精力的に活動されていて、後ろ回し蹴りもできるほどにアクティブです。

さて、本書のテーマは中小零細事業者は弱者なので、強者(大手)と同じやり方では負けますよ、という話です。

ではどうすればいいのか?ということについて豊富な事例と共に書かれています。

事例がまた刺激になります。なるほど、こういうこともしないといけないな、みたいな。

でんホームも、大手ハウスメーカーの積○ハウスや住友林○みたいな1億円と毎月1500万円かかるマリナタウンそばにあるような総合展示場に出店して、ドーンッみたいな真似はできません。

地場大手の工務店、住宅会社で総合展示場に出店している会社は本当に尊敬しますね。
すごいランニングコストかかりますでしょうから。

昨年は大きな出来事がありまして、香椎浜の住宅展示場に出店していたエヌエイホームというレンガがウリの住宅会社が倒産しました。

売上高は9億円くらいあったそうですけれども、建築中でそのままになった、みたいなお宅もあったそうで、まあよろしくないかたちで倒産したらしいです。

軽く検索するだけで、どんな感じなるかがわかりますね。

倒産の話も取引先に聞きまして驚きました。
詳しく話を聞くと、やはり営業マンやらの人件費や総合展示場に出店とかのコストが圧迫でお金がなくなったみたいです。

大手ハウスメーカーと同じようなことすると下手すれば倒産するリスクあるのだな、とリスク回避型の竹内は思うわけです。

そういうわけで、でんホームはつぶれない会社を指向しております。
また真面目に実直に、藤本はクレームで気分が沈んだりしても、誠実な対応をしている最高の住宅会社だと同業を見回しても思うわけです。

ただ、そうだとしても、そう簡単に認知されないですし、信頼されませんし、住宅を建てさせていただけないわけです。

破綻したエヌエイホームで建築中にそのままになったお客様は実質破綻している会社に建築依頼、契約したわけです。
不幸だな、と感じると同時に、建築主側も業者を見抜く目というか、考えないといけないとも思います。

要は「この会社は倒産リスクあるのか?」「この営業マンはウソついてないか?」「現場はきちんと仕事しているか?」とか。

そもそも住宅会社の社長や営業マンは「どうやって家が建つのか?」がわからない人もいますから。
驚くことに、大半の社長や営業マンは知りません。
知らなくても、家は売れます。
逆に、知らないから、家が売れる、のかもしれませんが。

とにかく、見抜く目や推測する力が要るわけです。

そのためには、いっぱい質問して、色々話してみて「信用できるかどうか?」を試すといいと思っています。

でも、一方で、エヌエイホームはすごいですね。
実質破綻状態でさえ、9億円分以上は受注できたわけですよね。
それはすごいな、と思うわけです。

でんホームは9億円分も受注できてませんから。

やはりそこには信頼させる技術というか、蓄積があるでしょうから、素直にすごいと思います。

というわけで、なんとかもっとうまく経営をしたいな、という思いで読んだのです。

ここまで本書の内容について述べてませんね。感想文なので、感想ではあるんですけれども。

それで大事なのは「差別化」「小さな1位」「一点集中」「接近戦」ということで、これだけ見るとなんのことやらという話なんですけれども、小さな会社は違いを明らかにして、なんでもいいから1位になって、知られるようになるのが大切である、と。

これらの話を事例を豊富に紹介して説明されているので、すごいいいわけです。

本書をヒントに頑張っていきたいですね。

ちなみに友人だからといって、持ち上げているわけじゃないです。
純粋に素晴らしいビジネス書だと思いまして、ブログに書きました。

ただ、書いた内容はあんまり本書に関係ない話ばっかりでしたね。
すみません。



「学力」の経済学 中室 牧子 (著)を読んで、子どもの教育について考えました!

娘が生まれて一年以上経ちまして、「子供はかわいいなー」思いながらも、特に教育について研究しているというわけではない竹内正浩です。

さすがにそれではいけないな、と思いまして、友人にすすめられた書籍を読みました。

『「学力」の経済学』という本です。

正直、そこまで「教育!」「教育!」という考えをもっていない自分ですので、よくわからないなーと思っているのですが、手に取ったとき、この本は興味深そうでした。

何が興味深そうかと申しますと「科学的根拠(エビデンス)」に基づいて主張しているところです。

教育というテーマは親御さん万人に共通するテーマですから、色々な意見があります。白、黒とまったく正反対の意見もあるわけです。

そのなかで、本書は「科学的根拠(エビデンス)」に基づいてデータをベースに語りますから、説得力がありますね。

本書の内容は多岐にわたりますので、興味深かったところを抜粋しますね。

・「テストでよい点を取ればご褒美」と「本を読んだらご褒美」のどちらが効果的?

「本を読んだらご褒美」のインプットにご褒美タイプ。

なぜ、「テストでよい点を取ればご褒美」が影響なかったかというと、どうすれば「テストでよい点を取れるのか?」がわからないから。具体的にどうすればいいのか方法がわからないので、効果がなかったそうです。方法論がわかれば別みたいですね。

・「頭がいいのね」と「よく頑張ったわね」のどちらが効果的?

子供のもともとの能力(=頭のよさ)をほめると、子どもたちは意欲を失い、成績が低下するそうです。

悪い成績のとき、「自分は才能がないからだ」と考えてしまうか、「努力が足りなかったからだ」と考えてしまうか。

「能力をほめることは、子どものやる気をむしばむ」そうです。

・教育の投資でもっとも収益率が高いのは、子どもが小学校に入学する前の就学前教育(幼児教育)

とにかく子供が小さいうちに教育するとパフォーマンスが高いそうです。

ただ、どうすればいいのかは書かれてなかったので、どうすればいいんでしょうかね?

・「少人数学級」はあまり効果がない

子供はかわいいですから、その愛情と共に、その子供のためにどのような教育をしていくのかというのが、親の関心事ではあろうかと思います。あまり教育熱心とはいえない私ですが、できるかぎり様々な情報を収集しまして、判断していきたいですね。「科学的根拠(エビデンス)」があると、助かりますね。



小さいものと豊かに暮らす 天使のように軽やかに ドミニック・ローホー (著)

ごちゃごちゃな感じでモノを置いてしまう片づけられない男、竹内正浩です。

今回はそんな自分とサヨナラしたいという気持ちで手に取りました一冊「小さいものと豊かに暮らす」です。

ベストセラー『シンプルに生きる』の著者が語る身の回りのものはどんなものをセレクトしているのか、について語った一冊です。

メッセージとしましては「生きていくために必要なものはそれほど多くはない。ムダをなくしてシンプルに暮らすと、健康な身体と安定した精神が手に入る」というものです。

ごちゃごちゃな感じになってしまうのは、やっぱり根本的にはモノが多いからなんですね。だから、自分の持ち物を少なくしていかないといけないのです(とはわかっているんですけどね・・・)。

それで持つものとしては、著者の言う「天使のルール」で決めるそうです。

天使のルール1「とっても軽いこと」
天使のルール2「小さいこと」
天使のルール3「使いやすいこと」

軽くて、小さくて、使いやすいモノで持ち物をそろえていくと、軽やかに生きられるというわけです。

本書には著者の持ち物の実例がいくつも載っています。参考にされるといいのではないでしょうか。

私の場合は新しくモノを買うというよりも、今あるモノを捨てないといけないですね。



『今すぐ「お金が貯まる人」になる』読書感想 #213

日曜日にお打ち合わせさせていただいたお客様から「ブログも見ています」とのお言葉を頂きまして、とってもうれしかった竹内正浩です。

ブログをまじめに書いているほうだと思うのですけれども(と言っても、家についての話が少ないのが問題だと感じているのですが・・・)、やはり反応が感じられないということがほとんどですので、読んでいただいているという言葉をいただくだけでも、書いた甲斐があるな、と感じる次第でございます。M様、ありがとうございます!!

さて、今日は読書をしましたのでその感想をお話できればと思います。

タイトルは『今すぐ「お金が貯まる人」になる』。
amazonでは売っていないみたいです。

20140907211841

本書は私が買ったわけではございませんでして、でんさん(代表の藤本)がコンビニに寄った際に立ち読みして買ったという本でございます。置いてありましたので、ちょっとした興味本位で手に取りまして、読みました。

「お金」というテーマと「家」というテーマは離れているようで、実は近いテーマなのです。それは住宅ローンもお金の話、頭金(自己資金)もお金の話だからです。頭金(自己資金)は多いほうが安心感ありますし、借り入れも少なくてすみます。お金は持っているほうがいいですよね。というわけで、住宅と関係があるのです。

さて、「今すぐお金が貯まる」とはいささか俗っぽいタイトルかな、と思われますし、著者が明示されていないので、ちょっとあやしい感じがしますけれども、その実、中身はまじめで意外でございました。

最初に掲載されてありますケース1「年収240万円で1000万円貯金!」というケースですが、「本当かな?」と思われることと思います。

その答えといいますと、意外に現実的でロジカルなのです。

20140907211906

自動積立の定期預金で毎月10万円を積み立てているので、給料の半分を常に貯めているんです。それが大きいというか、ただそれだけなんですよ。1年に120万円は絶対に貯まるわけです。この9年間、ずっと貯めてきたので、1000万円を超えたということです』

給与振込口座からの天引き・自動積立で預金される仕組み。つまり、金融機関で1度手続きしておくだけで、あらかじめ指定した金額を定期預金などの口座に毎月自動で振り替えてくれるわけです。

勝手に天引きされるので、「お金がなかったものに近い感覚」になるらしく、知らない間にお金が貯まっていたという人も多いそうです。

実際に、でんさんは会社員時代にこの自動積立の預金方法で、数百万円を貯金したという実績がありまして、絶賛しております。ちなみに、この方法をまた使ってある夢を実現するために動き出しているようなのですけれども、それはまた別の機会でお話できればと思います。

というわけで、本書の読書感想文になっていないような気もいたしますけれども、自動積立の預金システムは素晴らしいのではないでしょうか。ご自身の家計管理の一部に採用を検討されてみてはいかがでしょうか。



現論・信用金庫経営―3信金理事長の白熱鼎談! 中村 英隆 (著), 増田 正二 (著), 大林 重治 (著)#212

「メカブ」をご存じでしょうか?
わかめの根っこなのですが、「もずく酢」みたいな
感じで「メカブ」が売ってあるんですが、
私はそれが好きです。

歯ごたえ・食感が好きですし、海草類も好きなので。
「メカブ」好きの竹内です。
よろしくお願いします。

さて、どうでもいい情報は置いておいて、
今日は読書感想文を掲載したいと思います。

とあるご縁をいただきまして、
ご本を頂いたのですけれども、

私自身、個人的にはそれなりに
金融の知識が深い部類に入ると思っているのですが、
本書を読んで知らなかったこと、わかったことがありましたので、
それをまとめてみたいと思います。

「現論・信用金庫経営」について

本書は3人の信用金庫の理事長が、
それぞれの信用金庫経営について語ったものです。

3人の信用金庫理事長は、
遠賀信用金庫の中村英隆会長、
帯広信用金庫の増田正二理事長、
のと共栄信用金庫の大林重治理事長です。

「信用金庫」というと、どのようなイメージでしょうか?

中小企業向け、庶民的、地域密着・・・

そんな金融機関イメージだと思うのですけれども、
実は歴史的にも、設立趣旨としても、
一般の商業銀行とは違っていたりする
みたいです。

銀行は「銀行法」で、信用金庫は「信用金庫法」
ということで、根拠法規も異なるそうです。

そもそも信用金庫は明治時代末に設立された
「市街地信用組合」を成立の原点としているそうで、
中小企業事業者(商工業者)の相互扶助を目的とした
「協同組織金融機関」
なのだそうです。

そういうこともあって、資本は「会員」の出資によって
成り立ち、目的は「会員のための相互扶助組織」という
ことになっているそうです。

ただ、時代の流れとでも申しましょうか、
1980年来の金融自由化によって、
「営業地域」「大企業取引」などの規制を除けば、
一般の商業銀行とほぼ同じ姿となっているみたいです。

そのようなこともあって、本書の3理事長も、
その発言のなかで、信用金庫そのものの存在理由について、
自らのあり方の模索について、考えられている感がしました。

中小企業事業者(商工業者)の相互扶助を
目的とした金融機関であり、
地域(営業エリア)を限定された
金融機関が信用金庫というわけなのですが、
時代の流れで、外形的には一般の商業銀行とほぼ同じ姿。

さらに、都市圏では金融激戦地ということで、
資金需要が低迷するなか、上位業態金融機関が、
信用金庫の存立基盤である中小・零細企業にまで
融資攻勢をかけてきているとのこと。

歴史、文脈は違えど、現状として他の金融機関との
違いを見いだすことが難しいというわけです。

全国に信用金庫は270あるそうですが、
それぞれが地域に根付いた存在ではあるけれども、
自らのあるべき姿を模索しているのはどこも同じようです。

中小企業事業者(商工業者)の相互扶助を目的とした
「協同組織金融機関」という原点に立ち返りながら、
自らの姿を模索されていることがひしひしと伝わってきた一冊でした。

私ども、でんホームも福岡エリアが営業地域として
限定されていますので、同じく地域密着の仕事です。

シンパシーを感じました。