家族で過ごす時間は長い方が良いというのはどうしてか?

前回のブログで、
現代は100年ほど前に比べると、
家族で過ごす時間は圧倒的に少なくなっているが、
現代であっても、なるべく多く家族で過ごす時間は大切だと述べました。

それは、明るい未来を創るという観点からみても、
正しいと思う考えを述べます。

なぜか?

長い時間のふれあいにより、継承されるものがあるからです。

私達は過去の人々の知恵や工夫や労力から作られたものを使って現代の生活をしています。

大昔の人びとから考えると、おそらく現代の日本は
「明るい未来」なのです。
水道が完備され、水洗トイレがあり、スーパーに行けば食べ物はいつでも手に入り、電気はボタンひとつで通る。
携帯電話で、いつでもどこでも連絡がとれ、地域の情報も手に入る。

稲を育てるのに1年かかり、
服を作るのも何日もかけ、
水を毎日遠くの川まで汲みにに出かけ、
住まいの設備は火くらいしかない、
肉や魚を食べるのはそれこそ、1ヶ月に数度。

そういう生活をしていた人びとから見れば
現代は間違いなく明るい未来だと思うでしょう。

もちろん、これらの恩恵の背景には、解決しないとならない問題があることは否定はしません。
空気・水質・土壌・食品の汚染や環境の問題や、
生態系への影響の問題、
手軽すぎる事による感謝の欠如、
人間関係の希薄化。

しかし、では、縄文時代に戻る事が幸せなのか。
というと私はやはり、そうは思いません。

やはり、先人が築いてきたものがあったからこそ、
現代の恩恵を受けているのだと思うからです。

そして、過去からの知恵の集積で、これらの問題も
解決していく事が明るい未来につながると思っています。

先人の知恵や労力や工夫はきちんと現代に継承されているのです。

そして、この継承の最も基本的な単位が
「家族」だと思っています。

親からこどもへ。
こどもから孫へ。

たとえ、相容れない親子関係であったとしても、
両親を反面教師としていたとしても、
同じ住まいで暮らした時間の中に、
受け継がれるものがそこにはあるのです。

それは、たとえ会話を交わさずとも、
一緒に旅行やレジャーに行かずとも、
「家族」ならではの距離感を保ちつつ日々の生活の中で
受け継がれていくものだと思います。

ですから、明るい未来を創る、という観点からみても、
家族で過ごす時間は長い方が良いと思うのです。

そこで私は、これからの住まいづくりにおいて、次の提案をしたいと思います。

個室は必要最小限。
家族の時間を増やすための住まい。

そういう住まいを創り、家族ですごす時間を増やしたいと思っています。

住空間は広ければ広いほど良いのでしょうか? 
部屋はたくさんあったほうが良いのでしょうか?

またまた長くなりますので、再度次回に続けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook