雨水利用実験住宅「雨水ハウス=マイホームダム」見学会

雨水利用ハウス見学してきました!

 見学会 2012.07.16 memo


解説する渡辺先生。

同じく住宅の建築部分を解説する一級建築士の松野尾氏。

雨水の一次貯留槽

雨水の最終貯留槽

ビオトープ

新聞にもいろいろと取り上げられております。

くみ上げ用ポンプ

以下でんのメモです。

雨水利用する目的
・水害の被害を食い止めるために、各家庭で出来る限り排水する雨水を無くす
・一気に川・海まで流すのではなく、できるだけ、ゆっくり排水する
・そのためのデータ追跡調査
・水道水の節水・雨水利用・渇水対策(トイレや洗濯、庭への水撒きに雨水を利用)
・災害時の水利用

MPレーダー 日本全国の雨量情報
数時間後であれば、およその雨量を予測可能。
(試験運用中)

福岡における水害 1999 2003

水害対策として博多駅地下・天神地下にも雨水用タンクの設置工事中(H30まで)
ここ数十年の雨量や単位時間当たり降雨量を考えると、
2006年ごろマスコミで「ゲリラ豪雨」という言葉が出だした頃より、
単位時間当たりの雨量が激増している。

元々田畑や森だったところが今はアスファルト・宅地となってしまっている。
都市化・市街化 → 雨水保持率の低下 → 河川の水位が上昇率(速度)が高まる

S30頃と現在の友泉邸エリアの航空写真と油山方向の写真
(都市化・市街化が進んでいるのが一目瞭然)

水害時の樋井川の水位上昇率はなんと10分間に2m20cm

雨水は下水道を通り河川に流れ込むが、ある一定上になると、フラッププレートが閉じ、それ以上流れなくなる。その際、低緯度にあるエリアでは下水道の逆流発生。
(マンホールからの水の噴き上げ・低地を中心に水害が発生)

対策としては、

・河川の幅を広げる
→福岡市では、地価上昇・都市化がすすんでおり、実行が難しい。

・河川の川底の掘削
→許容いっぱいまで現在工事を進めている状況。

田島では、塩止め堰がある。海水が田島附近までくる。
川底の掘削では、この堰があり外す必要があるが、そうなると、
雨の少ない時期、満潮時には、もっと山の手まで海水が上がってくる事になる。

・学校のグラウンドなどの広い公共施設内に雨水タンクの設置
防災に利用できるなど、利点も多いが、様々なからみで未実行。

・現在博多駅・天神エリアにて工事を進めているが、防災には利用できない・
貯留量に限界があるなど、疑問点も多い。

・各家庭に雨水利用タンクの設置
一番現実的だが、設置費用が高価で設置者のメリットがほとんどない。
今後補助金などの働きかけをしていく見込み。

現在、いくつかの家庭に協力してもらい、200Lのタンク設置をして実験・データ計測中であるが、あきらかになったいくつかの問題点もある。

雨水利用や水害対策についての啓蒙活動・意識付けにはなる
実際の水害対策のためには、雨が降る前にタンクを空にしてもらう必要があり、
それが、予報が当たりはずれがあるため、実際的にはその実行が難しく、
雨水の増水対策にはほぼ不適。
予報→タンクを空に→雨は降らない→タンクは空のまま→雨水利用をしたい時
(庭への水撒きなど)に水がない →結局雨が降らなければもったいないだけ。
予報があってもタンクを空にする事がなくなる。

200L/日・人 が一般的
雨水利用をするようになり、(トイレ・洗濯・庭の水やり)水道利用が100Lに減っている。
本来は風呂まで利用可能であるが、保健所等の関係で当面は難しい状況。
風呂に使う事ができれば、かなりの範囲で節水が期待できるはず。

今回は最大42tの雨水を貯留できる計画。
(生活用水用:住宅基礎部分17.3t 災害時用:駐車場下24.5t)

貯めている雨水はくさらないのか?
→くさらない。
現在のところ3ヶ月経つが、腐っている気配はない。
腐らせないために重要なのが2点。
・日光を当てない。(日光が当たると藻が生える)
・初期雨水のカット(初期はホコリやゴミなどが多く含まれるため)
初期雨水のカットには便利なシステムがあります。
「所期雨水カット装置」

・貯留された雨水は非常にきれい
屋根→樋→流入層→製水槽(4槽)→ポンプ→浄水器→トイレ・洗濯

ポンプ→ビオトープ

製水槽→満水時のみ 駐車場下貯留槽へ

4つの製水槽により、上澄みをとり、水をキレイにしていく。
さらにトイレタンクの不具合などが出る可能性があるため、浄水器を通した水を利用。
水温は20℃から22℃前後。夏は非常に冷たく、水道管に結露ができるほど。
今後この水で、冷房利用などできるのではないか。
所期雨水のカットなどをしていることもあり、そこまで汚れや汚泥のようなものはない。
ガイドラインの神谷氏によると5年間くらいは掃除なども特に必要ない事がほとんど。

雨水利用タンク設置時の注意点
・タンクの浮力
・タンクの重力
これらの構造上の検討・状況に応じて変わる(今回はGL-700くらいまではOKだったとの事)
・結露
(非常に冷たいため、夏場結露が発生する可能性がある)
→床とタンクの間に断熱材・通気管を設置
・雨水利用設備の雨水が無くなった場合にそなえて、水道水・井戸水などとの
2重配管が必要。

「雨水利用ガイドライン」(神谷氏)の設計指針を利用した。

価格に関して
建物下のタンクに関して 約240万円
駐車場下のタンクに関して 約100万円

約 10万円/1t 

水道代 利用量は約半分になるが、料金に関しては半分にはならない。
試算 10万円/年 → 7.6万円/年  年間2.4万円の削減効果?

そのうちもっと判りやすくまとめます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook