基礎工事 1日目

いよいよ、今日から基礎工事に入りました。

まずは、掘り方(ほりかた)。

基礎の根入れのために地盤面(通常GL(ジーエル:ground level)といいます。)より掘り下げます。

この時、残土(ざんど:掘った土)が出ます。通常はこれを捨てるために費用がかかります。
今回は、隣の敷地があり、その敷地が少し低めだったので、敷きならしてもらうようにしています。

次に、砕石を敷いた後は、ランマーという機械で、圧力をかけて踏み固めていきます。

その後、土地からの湿気が上がってくるのを防ぐため、防湿シートを敷きます。

その後、捨てコンを打設します。
捨てコンとは、強度を出すためではなく、 住宅の外周部や内周部に墨出しを行い、正確に施工するための補助的工事です。

本日の工事は、ここまでで終了です。
一日で、結構な量の作業を2人の基礎工事屋さんがしていきます。

(夜撮影のため、写りが悪いです。)

今日、私自身は、現場での基礎関係の打ち合わせ(ポーチ柱の基礎・アンカーボルトの設置等)のほか、

・空調設備関係の打ち合わせ
・構造関係(プレカット)の打ち合わせ
・役所関係の打ち合わせ
・構造納まり関係の検討

等をしておりました。

まだまだ、検討する部分が山ほどありますね。。。
あまり使われていないような素材や機能、デザインを求める時、既存の仕組みから逸脱するような部分が多く、なかなか実現が難しい、、、ということを身を以て体験してます。

実際、できてみると、何のことはないような部分だったりするのですが(^^;

最近、毎日が追い立てられるような忙しさです。

・・・がブログはせっかくなので頑張って続けます♪♪
でんホームにとって、とても大切な1棟です。
たくさんの人に見ていただき、参考にしていただければと思います。

明日は、製材所に出向き、構造材のチェックをしてきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook