現場の好きな瞬間シリーズ その2

鳥飼PJT3 [でんさんち]、本日は照明器具取り付け及び電気引込み工事でした。

この、照明がつく瞬間、、、も好きな瞬間のひとつです。

先日の、内装仕上がりの後は「室内が明るくなる」のですが、
今回の、照明がつくとそれに「華やかさ」が加わる感じですね。

照明は、内装インテリアを決める上でもかなり重要な要素だと思います。(設計関係の方には常識!と言われるかもしれませんが、、、)

照明器具選び、、というと、そのデザインや素材にどうしても目がいきがちですが、本来は、明かり、光が有ればいい訳ですよね。

、、、とはかの有名な建築家の言葉みたいですが、最近本当にそう思います。
もっと自由に明かりや光が操れるようになれば良いなと。

昨日、ある照明器具メーカーさんが来られたのですが、間接照明やダウンライトの光の出方や色温度や明るさの調節など、一昔前は「器具」のデザイン、、だったのが、より「明かり」そのものをどうデザインするか、、に力を入れているようでした。個人的には、LEDだけになりつつあるのがとても心配では有るのですが、、

実はその前に、ある設備機器メーカーさんが来られて、今後設備以外も提案していく予定、、というお話を伺って、「ぜひ照明も作ってください」とお願いしてました。(半分冗談ながらも実現するとちょっと嬉しい)

外構も緑がはいってきていい感じになってきています。

竹内が頑張っておりますので、その話はまた後日。

そうそう、今日「おだし教室」というものに参加してきて、実はすっごく色々しゃべりたい感じでウズウズしておりますです(^^;;

、、が今日も遅くなりましたので、この話も、また後日。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook