玄関ドアがとまらない・・・

ロマンテッィクがとまらない。・・・じゃなくて、(古っ!!!)

玄関ドアが止まらなくなったとき
あるいは、
玄関ドアが急にバタンと閉まるようになったとき
の簡単な対処方法です。

通常、何気なく生活していると気付かないのですが、
私達は、様々な先人の知恵に多大な恩恵を受けています。

今日ご紹介するドアクローザーもそのひとつ。

本当に目立たないのですが、かなり重要な役割を担ってくれています。

ドアクローザーって何?
と思った方。
これです。

見た事ありますかね?

通常、玄関ドアや、ビル内の防火扉などの重めのドアに取り付けられます。

主な役割は、二つ。

・扉を自動的に閉める
・閉める速度を緩やかにする。

その他に、
・風で煽りを受けても動作をゆっくりにし危険回避する
などの役割もあります。

これらによって、
閉める動作を自動的に便利にし、
またドアにまつわる危険を減らしています。

結構な恩恵を受けていますが、普段はあることすら気付かないし、
何のためについているのかわかりませんよね。(建築関係者除く)

今日は、ドアクローザーの取替えの相談を受けたのでついでにまとめておきます。

玄関ドアが止まらなくなったときの対処法

ドアが閉まらない、
ドアが途中でとまらなくなった、
ドアが急にバタンと閉まるようになった、

これらの悩みを持ったとき、専門業者(建築業者)などに頼む人も多いかもしれませんが、
まずは、ドライバーとレンチなど簡単な工具を持って以下試してみてください。

ドアクローザーの調整は、おおまかに言って2種類。

各メーカーのホームページにドアクローザー調整の方法が掲載されています。(メーカーは大概ドアクローザーの本体に刻印してあるか、シールが貼ってあります。)

ドアクローザー本体のボックスの側面、
もしくは上側にいくつかの十字もしくは、マイナスのねじがあります。

それが調整用のねじです。

また、アームの緩み、クローザーの中のストップ調整ネジの緩みの場合もあります。

今回は、
「ドアが途中で止まらなくなった」
というご相談。

現地にて、確認。
メーカーがNHNでしたので、すでに解散しているメーカーでした。
ので、詳しい説明が見つからず。
なので、実地で検証していきます。

これが、本体の調整ネジ。
(ドアが閉まる速度を調整しています。)
3つのネジは、それぞれが、
稼動範囲によるドアの速度です。

ネジは基本的に
時計回りはゆっくりと(重く)
反時計回りは速く(軽く)なります。

いろいろ調整をしたのですが、
結局、アームの調整をモンキーレンチにて閉め解決しました!

アームの中のストップネジの緩みかもしれません。
道具をそろえて後日調整をしたいと思います。

ちなみに、
こちらにかなり詳しい調整方法が掲載されています。
「ドアクローザー協会・よくある質問」

しくみとしては、実は結構複雑です。

商品が古くなると磨耗・劣化します。
適宜交換をお勧めします。

もし、古くなった商品を交換取付される場合は、品番や写真などよりも、
現物持ち込みがいいでしょう。

穴の位置や取り付けできる範囲など現地の確認も必要です。

ちなみに、ドアクローザーの種類は、
ドアの重さにより、1型から6型まで、
形状により、スタンダード型、パラレル型、シールドタイプ、
プラスの機能がついたものなどに分けられます。

簡単なメンテナンス位は、自分でできるようになりたいですね♪

でんホームでは、そのような勉強会なども随時開催していきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook