家族で過ごす時間は長い方が良いというのはどうしてか?

前回のブログで、
現代は100年ほど前に比べると、
家族で過ごす時間は圧倒的に少なくなっているが、
現代であっても、なるべく多く家族で過ごす時間は大切だと述べました。

それは、明るい未来を創るという観点からみても、
正しいと思う考えを述べます。

なぜか?

長い時間のふれあいにより、継承されるものがあるからです。

私達は過去の人々の知恵や工夫や労力から作られたものを使って現代の生活をしています。

大昔の人びとから考えると、おそらく現代の日本は
「明るい未来」なのです。
水道が完備され、水洗トイレがあり、スーパーに行けば食べ物はいつでも手に入り、電気はボタンひとつで通る。
携帯電話で、いつでもどこでも連絡がとれ、地域の情報も手に入る。

稲を育てるのに1年かかり、
服を作るのも何日もかけ、
水を毎日遠くの川まで汲みにに出かけ、
住まいの設備は火くらいしかない、
肉や魚を食べるのはそれこそ、1ヶ月に数度。

そういう生活をしていた人びとから見れば
現代は間違いなく明るい未来だと思うでしょう。

もちろん、これらの恩恵の背景には、解決しないとならない問題があることは否定はしません。
空気・水質・土壌・食品の汚染や環境の問題や、
生態系への影響の問題、
手軽すぎる事による感謝の欠如、
人間関係の希薄化。

しかし、では、縄文時代に戻る事が幸せなのか。
というと私はやはり、そうは思いません。

やはり、先人が築いてきたものがあったからこそ、
現代の恩恵を受けているのだと思うからです。

そして、過去からの知恵の集積で、これらの問題も
解決していく事が明るい未来につながると思っています。

先人の知恵や労力や工夫はきちんと現代に継承されているのです。

そして、この継承の最も基本的な単位が
「家族」だと思っています。

親からこどもへ。
こどもから孫へ。

たとえ、相容れない親子関係であったとしても、
両親を反面教師としていたとしても、
同じ住まいで暮らした時間の中に、
受け継がれるものがそこにはあるのです。

それは、たとえ会話を交わさずとも、
一緒に旅行やレジャーに行かずとも、
「家族」ならではの距離感を保ちつつ日々の生活の中で
受け継がれていくものだと思います。

ですから、明るい未来を創る、という観点からみても、
家族で過ごす時間は長い方が良いと思うのです。

そこで私は、これからの住まいづくりにおいて、次の提案をしたいと思います。

個室は必要最小限。
家族の時間を増やすための住まい。

そういう住まいを創り、家族ですごす時間を増やしたいと思っています。

住空間は広ければ広いほど良いのでしょうか? 
部屋はたくさんあったほうが良いのでしょうか?

またまた長くなりますので、再度次回に続けます。

私の考える「家族」とは。

でんホームでは、幸せな家族のための住まい、という基本的な考え方があります。

でんホームの経営理念である、「明るい未来を創ろう」
幸せな家族が増える事で明るい未来を創る事ができる、と考えています。

住まいと家族は深い関係にあると考えています。

私は、いろいろな経験をする上で、
幸せな家族とはどういう事なのか、
家族にとって良い住まいはどういう住まいなのか
日々考えながら過ごしています。

今日は家族について私の考える事を述べます。

家族とは、何でしょう?

もちろん、
子どもの頃に歌った、こいのぼりの歌のように、
お父さん、お母さん、こどもたち。

ひとりひとりが家族です。

ですが、本当にそうでしょうか?

家族とは、「家」と「族」と書きます。

つまり、同じ家に住んでいる人たちが「家族」だというわけです。

一般的には血が繋がっていれば、家族、です。

しかし、私は一緒に暮らす人、生活を共にする人が家族、だと考えます。
共に過ごす時間が長いという単位です。

身近な例は「夫婦」です。
2人は血が繋がっているわけではありません。
けれど、一緒に暮らし、生活を共にする人であり、家族です。

そして、最近では、「ペット」もそうでしょう。
犬や猫、うさぎや鳥などのペットは、もはや家庭にとって大切な家族です。

逆はどうでしょう?
最近、「家庭内別居」という言葉を良く聞きます。
まさに、家の中で別居し、生活は別にしている状態です。

実は、現代は100年ほど前に比べると、
家族で過ごす時間は圧倒的に少なくなっています。

これは、
両親が外に働きに出るのが当たり前になった事、
子どもも外に勉強しにいくようになったのが当たり前になった事
によります。

以前は、士農工商の士以外はほとんど自宅近辺で仕事をしていました。
子どもも、親の仕事を継ぐ事が勉強でしたから、親について勉強しましたし、
それ以外の勉強も近所に集まるか、ほんの短い時間でしていました。

しかも、寝る部屋、ごはんを食べる部屋、勉強する部屋などの区別はほとんどなく、
ほぼ24時間かなり近い距離に家族が生活しており、
プライバシーなどもほぼ無かったと考えられます。

ところで、日本では、プライバシーの垣根が家族単位だ、という話を聞いたことがあります。
欧米では、たとえ子どもであっても、個人の尊重をします。

それは、家のつくりにも現れています。
それぞれの機能に分かれた部屋、個室のある欧米。
同じ空間を道具や設え(しつらえ)などの工夫でいろいろに利用していたという日本の知恵。
ふすまなどで仕切ったり、オープンにして使える分、音や気配などが伝わる日本。

どちらが良くてどちらが悪いという話ではありませんが、
考え方のひとつです。

話を元に戻しますが、
家族で過ごす時間が短くなっている事に関して、
何か問題はあるのでしょうか?

私は、明るい未来を創るという観点からみても、
できるだけ、家族で過ごす時間は長い方が良いのではないかと考えています。

なぜか?

ある一定以上の時間のふれあいにより、継承されるものがあるからです。

長くなりそうですので、次回に続けます。

お客様に手作りのマクロビスイーツいただきました♪

現在打合せ進行中のお客様にいただきましたー!
奥様手作りのスィーツです♪

マクロビオティックの勉強されていらっしゃるそうで、本格的なマクロビスイーツです。
いただいたのは、
・豆腐とココアのケーキ
・カボチャとナッツクラムのカップケーキ

もちもちしてて美味しい!!

男の子と女の子のお母さんでもあり、こんなお母さんだったら幸せだろうなー♥
と思ってしまった一日でした☆

ありがとうございます!

住宅の仕事は結構複雑で大変です。

特に今は、ほぼ一人でやっているため、
土地の調査から、融資の相談、プランニング、役所関連の調整、図面作成、プレゼン、
わかりやすいように模型作成・パース作成、見積もり、構造・申請関連計算、各種の申請書類、
今後は施工管理もやっていくので、各種現場での調整なども必要となってきます。

また、お客様の生活から趣味志向、将来の計画、家事の仕方や教育方針など、
かなり踏み込んだ部分まで把握できないと、その方に合ったご提案というのはできないと思っています。

また、お付き合いも長いです。
特に私は、一生を福岡で住まいづくりの仕事をしようと思っていますので、その住まいがある限り、
ほんとにずっと一生のお付き合いです。

なかなか、お客様とここまで直接長い付き合いをしていく職業というのはないのではないでしょうか?
それが大変でもあり、責任を感じる部分でもあります。

けれど、こういう人と人とふれあいというか、あたたかな関係が出来ていく本当に素晴らしい職業だと思います。
そんなお仕事との縁があり、再びこのような機会をいただいて、本当に幸せです。

まだ福岡で始めたばかりの私を信頼していただけるお客様のために、
まだまだ知識、スキル、どんどん磨いて行かねばと思っています。

玄関ドアがとまらない・・・

ロマンテッィクがとまらない。・・・じゃなくて、(古っ!!!)

玄関ドアが止まらなくなったとき
あるいは、
玄関ドアが急にバタンと閉まるようになったとき
の簡単な対処方法です。

通常、何気なく生活していると気付かないのですが、
私達は、様々な先人の知恵に多大な恩恵を受けています。

今日ご紹介するドアクローザーもそのひとつ。

本当に目立たないのですが、かなり重要な役割を担ってくれています。

ドアクローザーって何?
と思った方。
これです。

見た事ありますかね?

通常、玄関ドアや、ビル内の防火扉などの重めのドアに取り付けられます。

主な役割は、二つ。

・扉を自動的に閉める
・閉める速度を緩やかにする。

その他に、
・風で煽りを受けても動作をゆっくりにし危険回避する
などの役割もあります。

これらによって、
閉める動作を自動的に便利にし、
またドアにまつわる危険を減らしています。

結構な恩恵を受けていますが、普段はあることすら気付かないし、
何のためについているのかわかりませんよね。(建築関係者除く)

今日は、ドアクローザーの取替えの相談を受けたのでついでにまとめておきます。

玄関ドアが止まらなくなったときの対処法

ドアが閉まらない、
ドアが途中でとまらなくなった、
ドアが急にバタンと閉まるようになった、

これらの悩みを持ったとき、専門業者(建築業者)などに頼む人も多いかもしれませんが、
まずは、ドライバーとレンチなど簡単な工具を持って以下試してみてください。

ドアクローザーの調整は、おおまかに言って2種類。

各メーカーのホームページにドアクローザー調整の方法が掲載されています。(メーカーは大概ドアクローザーの本体に刻印してあるか、シールが貼ってあります。)

ドアクローザー本体のボックスの側面、
もしくは上側にいくつかの十字もしくは、マイナスのねじがあります。

それが調整用のねじです。

また、アームの緩み、クローザーの中のストップ調整ネジの緩みの場合もあります。

今回は、
「ドアが途中で止まらなくなった」
というご相談。

現地にて、確認。
メーカーがNHNでしたので、すでに解散しているメーカーでした。
ので、詳しい説明が見つからず。
なので、実地で検証していきます。

これが、本体の調整ネジ。
(ドアが閉まる速度を調整しています。)
3つのネジは、それぞれが、
稼動範囲によるドアの速度です。

ネジは基本的に
時計回りはゆっくりと(重く)
反時計回りは速く(軽く)なります。

いろいろ調整をしたのですが、
結局、アームの調整をモンキーレンチにて閉め解決しました!

アームの中のストップネジの緩みかもしれません。
道具をそろえて後日調整をしたいと思います。

ちなみに、
こちらにかなり詳しい調整方法が掲載されています。
「ドアクローザー協会・よくある質問」

しくみとしては、実は結構複雑です。

商品が古くなると磨耗・劣化します。
適宜交換をお勧めします。

もし、古くなった商品を交換取付される場合は、品番や写真などよりも、
現物持ち込みがいいでしょう。

穴の位置や取り付けできる範囲など現地の確認も必要です。

ちなみに、ドアクローザーの種類は、
ドアの重さにより、1型から6型まで、
形状により、スタンダード型、パラレル型、シールドタイプ、
プラスの機能がついたものなどに分けられます。

簡単なメンテナンス位は、自分でできるようになりたいですね♪

でんホームでは、そのような勉強会なども随時開催していきたいと思います。