fbpx
新着情報

【お知らせ】新モデルハウス、建てます!

自然素材の木の家でんホームの新モデルハウス外観

でんホームのモデルハウスである「でんホーム鳥飼ゲストハウス」ですが、
これまで3年近くモデルハウスとして活躍してきました。

そして、いよいよお引渡しに向けて、
各種撤去作業、リフォーム作業が進められることになります。

さて、そういうわけで、でんホームとしましては、
隣にあった、これまで駐車場にしていたスペースに
新しいモデルハウスを建築することとなりました。

今回のモデルハウスのテーマは『シンプルで上質なもの』です。

無垢の木でつくる本物の木の家でんホームの新モデルハウス内観

■「シンプルで上質なもの」というテーマで家づくりしました。

家族みんなが仲良く、安全に安心して暮らすことのできる家。
すべてこの考えをベースに家づくりを考えます。

ただ、最近感じることは「モノが多すぎる」のではないか、ということです。

実生活を振り返ってみても、モノが多すぎて弊害があるような気がしてなりません。

たとえば、モノが多いと、散らかっていて、心穏やかなようでも、
実際には心がかき乱されていて、ストレスを感じています。

また、モノが多いと、邪魔になってきちんと掃除できません。
ホコリも溜まりやすいですし、時間もかかります。体にも悪いです。

モノが多いと、探しモノで時間がとられます。
意外に多くの時間をモノを探すだけに費やしています。
さらには部屋が狭くなり、息苦しくなります。

さらに言えば、モノが多いと、ひとつひとつのモノを軽く扱うようになるんです。
子どもにはひとつひとつのモノを大切に扱ってほしい。

そういう思いもあって、でんホームの新モデルハウスでは
「シンプルで上質なもの」をテーマに家づくりしようと思いました。

本当に必要なものは数少ない。
それをすべて素敵なモノだけにして、素敵なモノだけに囲まれて、
シンプルに暮らしたほうが、スッキリ、リラックスして生きられると思うんです。

過度な装飾で、デザインデザインした家ではなく、
歳月を重ねるごとに愛着が増し、味わい深くなる素材を使い、
四季が感じられる豊かな木々に囲まれ、日本の文化を受け継いだデザイン。

コンパクトな家なのに、広く感じられる空間。
環境と調和した街並みを美しく、穏やかに暮らすことのできる、
そんな木の家を目指しました。

建築中の情報につきましては「竹内正浩の研究ノート」をご覧くださいましたら、幸いです。