家づくりの基本の2つのこと

1年を通して、安全で安心、快適に暮らしたいもの。

家づくりで大切なこと、つまりは家づくりの基本は2つだけです。

家づくりの基本は2つ

「地震に強い住まい」「夏涼しく、冬あたたかい住まい」ということです。

言い換えると、

  1. 安全安心
  2. 快適

この2つのポイントが基本です。

この基本のない家づくりですと・・・

  • 一生に一度でも大地震が来ると倒壊する
  • 地震で壊れて住めなくなる家
  • 夏暑く、冬寒い家
  • 廊下に出ると凍える家
  • 寒すぎて、布団から出たくない家

せっかくのマイホームなのに、毎日が悲しい思いをする家になります。

  1. 地震に強い住まい
  2. 夏涼しく、冬あたたかい住まい

これら2点を実現するのに必要なのは具体的には

「耐震性」

「高気密高断熱住宅」

のことになります。

この2つの基本を満たした上で、ようやく付加価値に意味があります。

付加価値とは、

  • 自然素材
  • デザイン / 設計
  • 高級な設備
  • 木製サッシ
  • 間取り

といったようなことです。

これらも大切ですが、基本ができていなければ、よい家とは言えません

たとえば、

  • 見た目/デザインはカッコいいけど、冬は凍える寒さで足が痛い家
  • 自然素材たっぷりの健康的な家だけど、大地震で倒壊する家
  • 間取りにこだわったけど、冬寒くてリビングから出られない家

こういう家づくりしてしまうと、せっかくのマイホームが悲しくないですか?

でも、こんな家づくりしている人は、今でもたくさんいます。

もう一度言います。

「家づくりの基本」は
たった2つだけです。

  1. 地震に強い住まい
  2. 夏涼しく、冬あたたかい住まい

これらを実現するために、でんホームでは次のようなアプローチをとっています。

地震に強い住まい(耐震性能)

地震に強い住まいにするために、でんホームでは耐震等級3を標準としています。

夏涼しく、冬あたたかい住まい(快適・断熱性能)

夏涼しく、冬あたたかい住まいにするために、でんホームでは長期優良住宅の性能を超える高気密高断熱の住宅を標準としています。

でんホーム日刊メールマガジン

「家づくりって、どうすればいいの?」「家づくりの基本は2つだけ」「地震で壊れる家、壊れない家の違いは何ですか?」「地震で壊れない家を建てるには?」「夏涼しく、冬あたたかい住まいにする方法」「断熱材について知っておくべき2つのポイント」「住宅ローン、借りられる人、借りられない人」「ブラックリストに載ると、住宅ローンNG?」「住宅ローンは固定金利・変動金利。どちらがいいか?」・・・

こんなことを無料でお伝えしています!

・好きな時間に家づくりの知識・ノウハウが得られます
・どこかに出かけなくても、情報収集できます
・変な売り込みを直接かけられずに、家づくりの話が聞けます
・登録も簡単。解除も簡単。無料です。

ご登録は以下のフォームから!




Secured By miniOrange