木製サッシ(プロファイルウインドウ)

でんホームでは木製サッシ(プロファイルウインドウ社製)を使うことがよくあります。

福岡の工務店・住宅会社のなかでは、かなり数が少ない会社さんしか、木製サッシを使うことはないように思います。

でんホームでは「でんさんち(でんホーム鳥飼モデルハウス)」のすべての窓が木製サッシです。

木製サッシとは?


木製サッシとは「木の窓枠の窓」のことです。

アルミサッシはアルミ製。樹脂サッシは樹脂製(プラスチック製)。木製サッシは木製です。

木のフレームの窓が木製サッシです。

ちなみに、大手ハウスメーカーで木製サッシをよくつかっている住宅会社さんは「スウェーデンハウス」さんくらいでしょうか。

木製サッシを使う理由


でんホームが木製サッシをよく使う理由は一番は「見た目」になります。

もちろん、断熱性(快適性)も、気密性も高いのですが、アルミサッシやアルミ樹脂複合サッシと比較すれば高性能になるのですが、では「樹脂サッシと比較してどうか?」と言われますと、そこまで大差はないかな、と思うわけです。

じゃあ「性能差としては大差ないとして、何が違うのか?」といいますと「見た目」になります。

高い断熱性ということだと樹脂サッシになりますが、樹脂サッシはたしかに断熱性能が高く結露しません。

ただ、窓枠が樹脂(プラスチック)になるので、枠を細くすることは難しいです。窓枠が太いのです。

そうなると、窓のガラス面積が少なくなって、どうしても見た目でスッキリしません。

その点、木製サッシは断熱性能も高い一方で、窓枠も細く、見た目もスッキリです。

加えて、木製サッシで大きなポイントは「大開口の窓が可能なこと」です。

樹脂サッシですと、なかなか大型の大開口の窓は難しいのですが、木製サッシですとそれが実現可能になります。

そういうわけで、見た目やデザインがとても高く、美しいので木製サッシをよく使っています。

木製サッシの価格は高い・・・


断熱性能もデザイン性も高いのが木製サッシということなのですが、その代わり、お値段が高いです。。。

木製サッシの価格が高いということは、木製サッシについてググっていただければ、お分かりになるかとは思います。

実現できるサイズがかなり大きいですし、大きな窓で、また、デザイン性が高ければ、価格も相応にアップすることになります。

その点だけ、ご了承いただけましたら、幸いです。